SERVICE

ウェブアクセシビリティ規格に対応したページ制作

ケイズ・アートオフィスではウェブアクセシビリティ規格に対応したホームページ制作も行います。

ウェブアクセシビリティとは

住宅建築の分野などで、よく「バリアフリー」という言葉を耳にしませんか?
「障害や障壁がない」ことを意味する言葉です。
例えば、手摺を設置したり、車椅子が通れるスペースを十分に確保したり、段差をなくしてスロープにしたり、ホームエレベーターを設置したりした住宅のことを「バリアフリー住宅」と呼ぶことがありますよね。
バリアフリー住宅を言い換えると
「高齢者や障害者が暮らしやすいように配慮された住宅」と言うことができます。

「ウェブアクセシビリティ」はホームページ版のバリアフリーです。
「高齢者や障害者が閲覧しやすいように配慮されたホームページ」を実現するために
例えば、テキストのサイズを変更できるようにしたり、色のコントラスト比を一定以上確保したり、キーボードだけでもホームページ内のコンテンツを操作可能にします。

ウェブアクセシビリティ規格とは

ウェブアクセシビリティにはWCAG(Web Content Accessibility Guidelines)という国際的なガイドラインが存在します。
日本には、そのWCAGを日本版にしたJIS X 8341-3:2016 というJIS規格が存在し、この規格が通称「ウェブアクセシビリティ規格」と呼ばれています。
障害者差別解消法が2016年4月1日より施行され、自治体などの行政機関では、ホームページをこの規格の一定以上のレベルに準拠させることが法的義務となりました。
民間事業者にも努力義務が課せられており、できる限りウェブアクセシビリティに配慮してホームページを作成するように努めなければなりません。

「ウェブインクル」

当社はウェブアクセシビリティ規格に対応したホームページテンプレートサービス「ウェブインクル」を提供しております。